ABOUT LONG JOHN - ロングジョンについて

ロングジョンの生みの親、ジョン・マクドナルド

スコッチウイスキーの故郷、イギリス北部のスコットランド。「ロングジョン」を世に送り出した創始者ジョン・マクドナルドはスコットランドの北部、ハイランド地方の名門マクドナルド家に生まれました。大人になったジョンは、なんと193cmの長身だったため、「ノッポのジョン」(ロング・ジョン)と呼ばれ、皆に親しまれていたそうです。「ロングジョン」という名は、創始者の愛称をそのまま受け継いだものなのです。 大きな身体、強靭な肉体と優しい心を持つジョンは、地元 の英雄でもありました。ある日、イギリスの公爵夫人がスコットランドで最も高いベン・ネヴィス山で道に迷った時、ジョンは鈴をひとつ持って、助けに向かったと言います。公爵夫人は鈴の音を聞いてジョンの存在を知り、難を逃れることができたのです。 逞しく、優しく、明晰な頭脳を持つジョンが、ハイランド地方のフォート・ウィリアムにスコッチウイスキーの蒸溜所を作ったのは1825年のことです。以来、ジョンのウイスキーは「スコッチの巨人」とも呼ばれ、広く親しまれています。

ジョン・マクドナルド

ヴィクトリア女王

「ロングジョン」は英国の高貴な人々にも親しまれていました。あのヴィクトリア女王も「ロングジョン」の深い味わいに魅了されて、1848年には自らウイスキー蒸溜所を訪れています。訪問時には「ロングジョン」から丹精込めた特別な樽が献上され、女王は息子のウェールズ王子(後のエドワード七世英国王)が成人した際に、樽のウイスキーをともに愉しんだと言い伝えられています。

THE OFFICIAL LONG JOHN CREST

「ロングジョン」のボトルに描かれている格調高い紋章には、その名を象徴するメッセージが込められています。

紋章の画像

4つに分けられた盾は、ロングジョンを構成するスコットランド内の4つのウイスキー産地を表しています。

黄金色に輝く紋章は1825年創業のロングジョンの歴史と伝統に基づいています。

TO PAGE TOP

HISTORY - ヒストリー

1825年
「ロングジョン」スコッチウイスキー誕生。ベンネヴィス蒸溜所にてウイスキー作りを始める。
1848年
ヴィクトリア女王がベンネヴィス蒸溜所を訪問。特別な樽を献上する。
1911年
ハイランド地方とアイランズ地方のウイスキーをブレンドに使用し始める。
1958年
より高品質のウイスキー作りを目指して、ハイランド地方にトーモア蒸溜所を建設。以降、トーモアは「ロングジョン」のキーモルトとなる。

SCOTLAND

TO PAGE TOP

ABOUT DISTILLERY - 蒸溜所について

TORMORE DISTILLERY

「ロングジョン」のキーモルト、トーモアをつくるトーモア蒸溜所は1958年に建設されました。
建築デザインはロイヤルアカデミー学長を務めた著名な建築家アルバート・リチャードソン氏によるものです。
ウイスキー評論家のマイケル・ジャクソン氏は「建築学的に最もエレガントな蒸溜所」と高く評価しています。

トーモア蒸溜所が建てられたスペイ川流域のスペイサイドは、ウイスキー造りに欠かせない清らかな水と空気に恵まれた冷涼な土地です。
スペイ川を見渡すトーモア蒸溜所には、音楽時計、庭の湖、鐘楼なども設えられ、美しい姿を今に伝え続けています。

TO PAGE TOP

PRODUCT - 製品情報

LONG JOHN ボトル写真

スコットランド北部、スペイ川流域で作られるスペイサイドモルトのトーモアを主役に約30種類もの熟成モルトとグレーン原酒をバランス良くブレンド。
まろやかな飲み口が心地よく、芳醇な風味に魅了されます。

ハチミツ
香り 豊かでドライ、ウッディ
味わい ドライでスパイシー、甘くスモーキー、まろやかな飲み口で芳醇な味わい

【ロングジョン スタンダード】
・容量:700ml ・アルコール度数 40%
・希望小売価格 1,360円

「ロングジョン」は、ハイボールにもおすすめです。

ロングジョンとハイボール

ドライでスパイシー、甘くスモーキーな味わいの「ロングジョン」は炭酸水との相性も良く、ハイボールにしても美味しく楽しんでいただけます。炭酸のシュワシュワっとした喉ごしと「ロングジョン」の芳醇な風味がしっかりとマッチ。和・洋・中を問わず、様々なお料理とご一緒に、お楽しみください。

TO PAGE TOP